LCC:エア・アジアでクアラルンプールへ、そして帰国【2006.12.24~25】

2006.12.15~12.24 マレーシア旅行記(バックパック)

8ページ中 8ページ目を表示中
| 最初へ

【12.24~25】LCC:エア・アジアでクアラルンプールへ、そして帰国

翌朝です。ご主人が何時に出発するのか、と聞いてきます。9時頃に空港へ出発したい、と伝えると、RM20で車で送ってやるよ、と言い、即刻OKしました。タクシーの半分以下の金額です。時間までビーチを散歩です。

今日もワンちゃんがいます。いい天気ですね~。

海に入ってもムスリマさん(女性のイスラム教徒)はトゥドゥン(頭を覆うスカーフ)を着用しています。

1泊2日じゃあ短すぎて何も分かりません。一ヵ所に2泊3日はしたいですね。

出発です。お世話になりました。ご主人が私の荷物を乗用車のリアトランクに積み込んでくれました。
あちこち滞在してみて、華人が一番、日本人と心が合うね。意思疎通、宗教・習慣、価値観、もてなし、食べ物など、精神が日本人と共通のような気がします。

話によると、中国本土からの観光客がだいぶ増えてるとのこと。ご主人も華人ですが、マレーシア政府によるマレー人やイスラム教への優遇が強く、華僑や印僑への冷遇ぶりに不満さを話の中に込めていました。イスラム系施設はどんどん立派になっていくのに、寺院などインド・中国に関係するものは放置状態とのことです。まあ、一人当たりのGDPは華人>インド系人>マレー人だし、どうみても華人が一番成功しているからええやん、って返しました。こりゃ、マレーやインド系の人達に愚痴られた時の返しも考えておく必要がありそうです。(笑)

40分程で空港に到着です。ご主人、ありがとう。またよろしくな~。いかにもバックパッカー相手の商売、って感じでした。

さて、搭乗タラップを上り、機内に乗り込みました。絨毯は手持ちで機内に持ち込みましたが、特に料金はチャージされていません。いいのかな。

30分ちょいの飛行時間でクアラルンプール国際空港に到着しました。特に普通ですね。ジュースはなかったけど、キャンディを貰えたから、いいよね。

飛行機をパシャリ。背後の倉庫みたいな建物に移動です。LCCターミナルは3月にできたばかりだそうです。写真を撮ろうとすると怒られましたので、この後の写真はありません。そこからメインターミナルまではバス(有料)で移動しました。空港滑走路の敷地すぐ外側を半周して10分で到着です。

帰りの便はJL722、搭乗時刻は21:05です。時間までメインターミナルの建屋内を散歩しました。国際空港恒例の高級ブランド品店やレストランなど、綺麗で豪勢なお店が数多くありました。

チャンギ空港です。往路と同じく、クアラルンプール~シンガポール間はほぼ満席でした。この区間は別路線のような扱いでしょうかね?

D37ゲートです。出発23:55の1時間前になれば待合室に入れます。それまでここで待機です。

翌朝、関空に到着しました。バゲージ・クレームで預けていた絨毯を受け取ります。税関検査で怪しまれるかな、と思ったけど、尋問だけでほとんどスルーした。既にチェックが済んでいるのかな? このへんはよく分かりません。

今回のマレーシア旅行で滞在日数の半分は雨に祟られましたが、食の面で充分楽しむことができたのは幸いです。たいていの食べ物は日本人の口に合うでしょう。もっと料理の写真を撮ってもよかったのですが、いざ店に入って料理に一眼レフカメラを向けるのは気が引けますな。今度はコンパクトデジカメも持っていくことも考えます。

8ページ中 8ページ目を表示中
| 最初へ

↑ PAGE TOP